国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所のウェブサイトは2013年9月に移転しました。

新ウェブサイトはこちらからご覧いただけます。


ニュースルーム −プレスリリース−

2011年04月04日

包括的(インクルーシブ)ビジネスセミナー-途上国における水ビジネス-(4月20日、東京)のお知らせ

近年台頭する途上国市場への関心が高まる中、経済成長と人口増加に対応できる電力や水、通信などの基礎的サービスの拡充とインフラ整備が注目を集めています。特に水ビジネスは、飲料水や農業・工業用水需要の拡大により2025年までに現在の2倍以上の規模に達すると予想され、民間セクターからの参入が増える一方、人口の大半を占める低所得者層に基礎的サービスを届けるためには、それを妨げている問題を解決することが不可欠です。

国連開発計画(UNDP)では、途上国における基礎的サービスに関する課題と可能性を理解し、ビジネスを成功させるために必要なアプローチを検討する企業を対象にしたセミナーを開催します。本セミナーでは、途上国で国際機関などと連携しながら低所得者層へ安全な水を届けるグローバル企業の先行事例と、UNDPのビジネス支援プログラムをご紹介します。また既に途上国で水問題に取り組んでいる企業2社をお招きし、具体的な活動内容とビジネスの課題や教訓などをお話頂きます。官民をあげた取り組みが検討される中、具体的なアプローチと可能性を検討いたします。

ご参加ご希望の方は、メールにお名前、ご所属、ご連絡先(電話、メールアドレス)を記載の上、下記担当までお申し込み下さい。
UNDP東京事務所 本田賀子  メール:yoshiko.honda@undp.org   

お問合せは以下の番号にお願いします。
Tel: 03-5467-4751

【日時】 2011年4月20日(水) 14:00〜15:30

【会場】 JICA地球ひろば セミナールーム303

【プログラム】
14:00-14:15 BOPビジネスのグローバルな潮流・事例と国連との連携プログラム:国連開発計画(UNDP)
14:20-14:40 企業による事例発表1 – 小型浄水装置による村落給水事業:ヤマハ発動機
14:40-15:00 企業による事例発表2 – インドにおける安全な飲料水の供給とサプライチェーンの確立に向けた活動:四国化成
15:00-15:30 質疑応答・ディスカッション

【定員】 30人 (参加費無料・先着順)
      ※すでに満席となりました


<戻る>